MK保険

MRJ,初号機がロールアウト
2014年10月25日(土)

ロールアウトしたのは、5機製造する飛行試験機の初号機(登録番号JA21MJ)。国産旅客機の開発は日本航空機製造のYS-11型機以来、50年ぶりとなる。開発費は1800億円。

これまでにMRJは、375機(確定191機、オプション160機、購入権24機)を受注。ローンチカスタマーとなる全日本空輸(ANA/NH)から25機(確定15機、オプション10機)、米トランス・ステーツ・ホールディングスから100機(確定50機、オプション50機)、米スカイウェストから200機(確定100機、オプション100機)、ミャンマーのエア・マンダレイ(LMT/6T)から10機(確定6機、購入権4機)、米イースタン航空から40機(確定20機、購入権20機)を受注している。また、日本航空(JAL/JL、9201)と32機の確定発注について、8月28日に基本合意しており、これを加えると407機となる。

三菱重工の大宮英明会長は、「最高レベルの経済性と快適性を兼ね備えた、世界に誇れるメイド・イン・ジャパンの製品が、ようやく夢から現実へと姿を変えようとしている。自信を持ってMRJを世界に送り出せることを誇りに思う」と述べた。

ANAを傘下に持つANAホールディングス(9202)の伊東信一郎社長は、「MRJの勇姿を見て感動した。初号機の受領が待ち遠しく、世界で最初に運航できることは名誉なこと」と待望のロールアウトに賛辞を送った。

三菱航空機の川井昭陽社長は、「実機ができたことで、われわれはここまで出来たんだぞ、と販売先に示せるのは、何もない時よりも格段に大きい」と、ロールアウトしたことが今後の販売活動を後押しするとの考えを示した。`

MRJの初飛行は2015年4-6月期、型式証明の取得は2017年上期を予定。ANAへの初号機引き渡しは、2017年4-6月期となる見通し。

飛行試験機の製造状況は、2号機が翼胴結合中で、3号機は胴体結合まで完了。全機静強度試験機はすでに試験を開始している。今後飛行試験初号機と2号機では、アビオニクスや操縦系統、降着装置、エンジンなどを試験するほか、地上振動試験や電磁干渉試験、安全性確認試験、地上走行試験などを実施する。(写真特集はこちらhttp://www.aviationwire.jp/archives/47866

サイクリングしまなみ
2014年10月12日(日)

「サイクリングしまなみ」の交通規制

今年のイベントは力の入れ具合が違いますねー

昨年は、毎日の様に交通規制の広告を見なかったように思うのですが・・・

いつでも行けると思うと、人の多いイベントに行くと接触・落車・ノー合図が

怖くてなかなか参加してないんですが、地域のためには参加しないといけま

せんよねー

026

さてさて、どれに参加しましょ?

アンディ・シュレクが現役引退を発表
2014年10月11日(土)

アンディ・シュレクが現役引退を発表

さみしい、実にさみしい。。。

ロードバイクに乗り始めた年に、ツールドフランスのDVDを見ながら

ローラーに乗っていたのを思い出します(t。t)

あんなに強く山を登りたい!!

早い引退ですが、ますますの活躍を期待しております(^^)

http://cyclist.sanspo.com/155174

CSへ向けて
2014年10月07日(火)

DSC_1050

観戦試合は負けなし。

DSC_1053

さてさて、どうなりますか。。。